偲ぶ心を込めた、おもてなし 法事.com

How to 法事

葬儀が終わったら

事務引き継ぎの際確認すること

葬儀後一段落したら、喪主はその日のうちにお世話役の人から事務の引き継ぎをします。
世話役から引き継ぐのは、会葬者名簿、供物や香典の控え、弔電や弔文のつづり、会計の精算、立替金の返済などです。
また遺族の気づかなかったような弔問客の心遣いなども聞いておき、あいさつ回りの時に、お礼を述べるようにします。



挨拶回り

隣近所への挨拶

葬儀の間、迷惑をかけたり、お世話になった近所の方への挨拶回りも忘れずに行いましょう。簡単な品物や菓子折りなども持参して、心から感謝の意を表したいものです。

お手伝い下さった方へ

お世話役代表をはじめ諸係りを務めてくれた人々にも、直接訪問してお礼を述べるべきでしょう。中には、交通費その他でかなり出費をした人もいるでしょうから、礼金を包むことも考慮したいものです。礼金を包むときは「御礼」あるいは「御車料」などと上書きします。

勤務先の方々へ

故人が会社に勤めていたら、前もって電話をして先方の都合の良い時間に伺います。ロッカーや机に私物があれば持ち帰り、不要なものは処分を頼みましょう。葬儀にきていただいた方にはお礼の言葉を忘れずに。
また、死亡退職届や退職金、貴族厚生年金などの手続きもすませてくるとよいでしょう。人事や総務の担当者に、必要な書類を整えてもらいます。念のため印鑑を持参しましょう。



お布施・支払い

寺院へのお布施

僧侶へのお布施は、本来は葬儀終了後、日を改めて複数の方でご訪問し、お渡しするのが礼儀とされていますが、最近では、通夜当日にお納めする事がおおくなっています。
お布施は、人数に関係なく、一括して包みます。また寺院を式場に借りた場合、規定があれば席料として別にしますが、小さなお寺など特に規定がない場合は、その分も含めて包むようにすればよいでしょう。
お布施は奉書士、半紙などに包み、市販の不祝儀袋に、仏式は「御布施」と書きます。
式場を借りたような場合であれば「御席料」「志」などとします。
神宮・神社へのお礼は「御祭祀料」「御玉串料」などとします。

病院への支払い

医療費の支払いは、死亡診断書をもらいに行く時か、遅くとも葬儀の翌日にはすませましょう。特に心づけといったものは不要ですが、なんとなく気がすまないというのであれば、菓子折り程度のものを持参すればよいでしょう。医療費は白い封筒に入れて持参するのが適当です。

酒屋などへの支払い

自宅の葬儀の場合は取り込んで、あと払いになることが多いようです。通夜ぶるまいや精進落としの時の飲料など、酒屋さんへの精算も、早めに済ませたいものです。
※領収書の保管…相続税が発生する場合は、葬儀費用は相続税の控除対象となるので、領収書はすべて保管しましょう。

前ページへもどる ページの先頭へ
  • How to 法事
  • 葬儀が終わったら
  • 法要と仏事について
  • 忌明けの挨拶状と香典返し
  • 遺品整理と形見分け
  • お墓と納骨
  • 仏 壇
  • お 盆
  • お彼岸
  • 喪中はがき・季節の挨拶
  • 法事.com Facebookはこちら
  • 法事会食のできる料理店についてはこちら
  • お寺検索はこちら
  • 法事用返礼品はこちら
  • 手元供養品はこちら
  • 栃木ライフサポート
  • 法事com 地域版はこちら