偲ぶ心を込めた、おもてなし 法事.com

How to 法事

法要と仏事について

法要とは

法要は、追善供養とも呼ばれます。この世に残された者が、故人の冥福を祈る行事です。大切な法要では、僧侶に読経してもらい、そのあと墓参りをすることが多いようです。

忌日と忌明け

仏教では、人が死ぬと七日ごとに七回、現在でいう裁判が行われ、その裁判で生前の功徳を裁かれ、四十九日目に判決(死後の行き先、往生先)が言い渡されるといわれています。裁判の日を忌日といい、四十九日目の判決の日が忌明けとされます。

七七日忌(四十九日忌)

故人の霊が極楽浄土へ行けるかどうかが決まるとされている四十九日目に、死者の成仏を願いながら行う「忌み明け」の法要は、僧侶や近親者、故人の知人、友人を招いて比較的、盛大に行う事が多いようです。

年忌法要と月忌法要
年忌法要は、死亡した翌年に行う一周忌をはじめとして、2年目に行う三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きますが、三十三回忌を区切りとするのが一般的のようです。
毎年の命日を祥月命日といい、毎月の命日を月忌といいます。


七七日忌(四十九日忌)法要

法要の準備
本位牌の用意

葬儀のときから安置していた白木の位牌は、四十九日に本位牌へと変えます。
本位牌は黒塗りのもの、彫り込みのもの、板の位牌を複数収納できるものなど、大小さまざまなものがあります。

法要の日どりの検討

故人の命日か、それより前の日で、招待客が集まりやすい日を選びます。

菩提寺への依頼

なるべく早めに菩提寺に連絡します。できれば施主が寺へ出向いて直接お願いするようにします。菩提寺には、法要の日時、参列者の人数、誰の何回忌か、卒塔婆の依頼をし、納骨、開眼供養があればあわせて伝えます。納骨時は、石材店の方が立ち会うのが通常です。納骨の日時が決まり次第、忘れずに連絡して下さい。石材店に対し規定料金の支払い、または心付けが必要となります。詳しくは、石材店に直接おたずね下さい。
(※施主とは、法要などを中心となって行う人)

法要と会食の場所の決定

法要は自宅や菩提寺で行う事が一般的ですが、ホテルや会館で行うケースも増えてきました。法要後は墓参り、会食と続くので、そのことを考え、合わせて場所を決めるとよいでしょう。
(墓が遠方であれば、日を改めて家族だけで墓参りをすればよいでしょう。)

案内状の発送

法要の日時、場所が決まったら、電話または、はがきなどで連絡を行います。仕出屋などに人数を伝える二週間前までには全員から出欠の返事をもらえるようにしたいものです。

引出物の用意

引出物は「いらしてくださった方への心づくし」として用意するものです。表書きは「志」などとし、お茶や故人の好んだ菓子など、華美にならないものを選びます。重いもの、かさばるもの、肉・魚類は避けましょう。

移動方法などの準備

お寺から会場へ移動するのであれば、バスやハイヤーなどを頼んでおきます。

用意するものの確認

位牌・本位牌・花・供物などですが、供物は宗派によっても違うので、僧侶に相談しておいた方がよいでしょう。



法要の営み方
法要の流れ

法要には、特に決まりはありませんが、だいたい次のような流れが多いようです。

  • 1. 僧侶の読経
  • 2. 焼香
  • 3. 僧侶の法話(省くこともある)
  • 4. 墓参り
  • 5. 施主の挨拶、会食

墓参りのときに、僧侶に同行してもらって、墓前で読経してもらうこともあります。

会食(お斎)

法要後の会食(お斎)は、参列者を感謝の意味でもてなすものです。故人をしのびながら、和やかなひとときを持てるように気を配る必要があります。

会食の席次

会食の席での最上席は僧侶に座ってもらいます。施主は僧侶をもてなす意味で、僧侶の隣に座りますが、他の親族は未席に座るのが普通です。

法要の服装

一周忌から三回忌までの法要には、施主は正式な喪服を着用するのが一般的なようです。三回忌以降は、だんだん簡略化するのが普通です。

僧侶への謝礼

お布施に決まった額はありません。
しかし、寺院で法要を行ったときは、寺院の使用料や茶菓なその接待のお礼分を上乗せして考える必要があるでしょう。
僧侶が会食を辞退した場合は「御膳料」を、寺院以外で法要をした場合は「御車代」を別に包んで渡します。納骨を同時に行ったときには、納骨式の読経料の含めて考えます。

前ページへもどる ページの先頭へ
  • How to 法事
  • 葬儀が終わったら
  • 法要と仏事について
  • 忌明けの挨拶状と香典返し
  • 遺品整理と形見分け
  • お墓と納骨
  • 仏 壇
  • お 盆
  • お彼岸
  • 喪中はがき・季節の挨拶
  • 法事.com Facebookはこちら
  • 法事会食のできる料理店についてはこちら
  • お寺検索はこちら
  • 法事用返礼品はこちら
  • 手元供養品はこちら
  • 栃木ライフサポート
  • 法事com 地域版はこちら