偲ぶ心を込めた、おもてなし 法事.com

How to 法事

お 盆

新盆(初盆ともいう)とは

7月、または8月の13日から16日までの4日間を「盆」といって、先祖の霊が帰ってくるといわれており、霊を迎え、供養する期間です。
故人が亡くなってから初めての盆を「新盆」と呼び、普段の盆より丁寧な供養を行います。
親戚や知人・友人たちを招き、僧侶にお経をあげていただき、その後、精進料理でもてなす場合も多いようです。お盆は僧侶が多忙な時ですので、早めに依頼しておきましょう。
なお、四十九日の忌明け前に盆を迎えた場合は、新盆は翌年に行います。



お盆に行う事

お盆に当たっては、仏壇・仏具を清め、精霊棚(分棚)と呼ばれる、先祖を迎える祭壇を作ります。つくり方は地域によって異なりますが、精霊棚(分棚)を設けるのが難しい場合は、仏壇の前に小さな机を置いて、お供え物を置きます。
盆提灯は、精霊棚や仏壇の両脇に飾り、新盆用の白提灯は、玄関や縁側の軒先、仏壇の前に吊るします。

・精霊棚(しょうりょうだな)/
小机の上に、真菰(むしろの一種)を敷きます。台の上には位牌、花、果物、野菜、菓子、故人の好物などを供えます。またキュウリで作った馬とナスで作った牛を供えます。これは、先祖の霊が馬に乗って早く帰って来て、牛に乗ってゆっくり戻っていくようにとの願いを込めたものといわれています。
・盆提灯(ぼんちょうちん)/
お盆には提灯を灯して、霊に帰る家を知らせる習わしがあります。新盆で使う白い提灯は、1回(1年)限りなので、終わったら処分をします。


迎え火・送り火

霊が家に帰る際、道に迷わないように、暗くなると仏壇に盆提灯などを灯したり、庭先や門口で苧殻(麻の茎)を焚いたり、玄関に提灯を下げて迎え火の代わりとします。
また、送り盆の夕方、迎え火と同じところに送り火を焚いて、霊を再び送り出します。
ご家庭によっては、実際に火を焚くことができない場合もあるので、盆提灯に電気で明かりを灯したり、明かりを入れずにただお飾りすることで、迎え火、送り火とすることもあります。

前ページへもどる ページの先頭へ
  • How to 法事
  • 葬儀が終わったら
  • 法要と仏事について
  • 忌明けの挨拶状と香典返し
  • 遺品整理と形見分け
  • お墓と納骨
  • 仏 壇
  • お 盆
  • お彼岸
  • 喪中はがき・季節の挨拶
  • 法事.com Facebookはこちら
  • 法事会食のできる料理店についてはこちら
  • お寺検索はこちら
  • 法事用返礼品はこちら
  • 手元供養品はこちら
  • 栃木ライフサポート
  • 法事com 地域版はこちら